Research

若い頃とは何かが違う……。年齢を重ねると老いを感じることが増えます。肌に起こる様々な変化もその一つ。肌の老化を止める方法はないのだろうか? 私たちは、近年解明されつつある細胞レベルの老化メカニズムに着目。細胞そのものの老化が肌へ及ぼす影響など、研究を深めています。

個体の老化と細胞の老化

私たちは年齢とともに衰え、やがて寿命を迎えます。その理由は、私たち個体を構成する臓器や組織が徐々に老いてゆくから。さらに臓器や組織を構成する細胞自身も老いることが、昨今の研究でわかってきました。この細胞レベルの老化を「細胞老化」といいます。

老化を伝染させるゾンビ ! ? 細胞老化とは

細胞老化は、加齢やストレスなどが原因となり、細胞が増えることを止めた状態のこと。増えることを止めた後も組織に留まり、炎症物質を出して周囲の細胞の老化を加速させるSASP(細胞老化関連分泌形質/Senescence-Associated Secretory Phenotype)を引き起こします。正常な細胞を次々と巻き込むその様子から、細胞老化を起こした細胞(老化細胞)は「ゾンビ細胞」とも表現されます。

肌にも蓄積する老化細胞

全身と同じように肌にも老化細胞は蓄積します。蓄積する場所は、表皮細胞が生まれる基底層と肌を支える真皮。そこで老化細胞は、肌に対してどのような影響を及ぼしているのでしょうか?これまで十分な研究がなされていなかった表皮の細胞老化に着目し、検証を進めています。

細胞老化と肌老化の関係 戻る